肌着の特徴

新生児用の子供服の肌着には、さまざまな特徴が見受けられます。また、そういった特徴は、すべて新生児の赤ちゃんの特徴をとらえたものになっています。新生児の赤ちゃんが気持ちよく生活を送れるように、新生児用の子供服があるのですね。

まだ生まれたばかりの赤ちゃんは、骨格や関節ができあがっていませんし、新陳代謝が活発なことから、激しい運動をしたり、気温が高くなくても、汗を大量にかきます。そして、肌がデリケートで傷つきやすいので、刺激に弱い特徴があります。そのような特徴を持つ赤ちゃんの肌着には、特徴に合わせた配慮が施されているのです。

たとえば、襟です。首のあたりは、とても汗がたまりやすく、不潔になりやすい部分です。ふんわりとフィットするようなつくりで、ソフトな肌触りを意識したやさしいものになっていることが多いです。

また、新生児用の肌着の大きな特徴として、着物のように前で合わせるつくりになっていることが挙げられます。どのように前で合わせるかというと、ひもやワンタッチテープを利用して留めるのが一般的なようですね。赤ちゃんはすぐにからだが大きくなるので、ゆったりとしたタイプが多いです。

タグや縫い目ですが、直接赤ちゃんの肌に当たらないようなつくりになっています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 子育てママのための子供服の選び方 All Rights Reserved.