冷やさないように

赤ちゃんを暑くさせないことも大切ですが、同じくからだを冷やさないようにさせることも大切です。からだを冷やしてしまうと、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいますからね。

特に注意したいタイミングは、夜眠っているときです。知らず知らずのうちに、布団を蹴飛ばして、赤ちゃんが寝冷えしてしまうことも……。いくら母親の管理が大切といっても、眠っているときのことまで管理するのは難しいですよね。そこで、眠るとき用の子供服を着せてあげることで、寝冷えを回避しましょう。

たとえば、胴着があります。冷え込む夜には、肌着の上にニットの胴着を着せて、保温効果を高めましょう。肌着と同じく、前で合わせる着物のタイプのものを利用すると便利です。また、スリーパーも便利です。スリーパーは、寝袋のようになっているものや、両脇が開いたベストのようなものなどがあります。スリーパーをつけていれば、赤ちゃんが布団から出てしまうこともないでしょう。

また、手につけるミトンも愛らしくて良いですね。手は服に包まれていない分、冷えやすい部位です。また、からだを引っかかないようにする効果もあるので、寝ている間に肌を傷つけずに済みます。

眠るとき以外にも、外出するときなどには、しっかりと防寒を行ってくださいね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 子育てママのための子供服の選び方 All Rights Reserved.