服の特徴

子供服の中でも、ベビー服は、肌着の上に重ねて着せるものです。その特徴としては、赤ちゃんが快適に過ごせるようなものを追求していることが挙げられます。また、母親が世話をしやすいようなつくりにしていることも大切ですね。

たとえば、襟ですが、赤ちゃんの肌が傷つきやすいことから、レース生地など、ひらひらしているタイプのものは避けられがちです。また、ベッドや布団で過ごすことがほとんどである新生児の赤ちゃんには、余裕をもったゆったりめの服が一般的です。ただし、インポートのウェアの場合は、どちらかというと、からだにぴったりフィットするものが多いようですね。

スナップボタンには、ソフトなプラスチック製など、肌にやさしい素材を利用しています。また、ドレスタイプとオールタイプの服の特徴を兼ねそろえたドレスタイプの服の場合は、使い分けが分かるように、スナップの色を変えたりしています。

このように、赤ちゃんの子供服1つでも、さまざまなタイプのものがあります。デザイン性を重視したり、機能性を重視するのも大切ですが、デザイン性に気を取られるあまり、機能性がおろそかになってしまうことなどがないようにしてくださいね。子供服には、選び方のポイントもあるので、次はその紹介をしようと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 子育てママのための子供服の選び方 All Rights Reserved.